京野菜集合

春の生命みなぎる、新鮮なお野菜たち。

こちらが京都・錦市場から発送した京野菜たち。
はい、大量です(笑)。

見ているだけでシアワセな気分に^^


この時期、外せないのが京都のタケノコ。
朝採れタケノコを当日中に発送して頂きました。

京都は向日市の物集女産のこちらのタケノコは
赤土の少ない白い粘土質の良質な土壌で育てられているんだそう。

えぐみや悪が少ない、淡いクリーム色の京タケノコは
「白子(シロコ)」とも呼ばれています。


そんなタケノコをはじめ、前回ご紹介した「静むらさき」や
「小松菜」「京のにんじん葉」「京せり」「クレソン」など。

上の写真にはないですが
「金時人参」「九条ネギ」も仕入れてきました。
(えっ・・・買いすぎ?)

にんじんの葉は柔らかくてふっさふさ!
炒めものはもちろん、新タマネギやコーンと一緒に
かき揚げにしても美味しいんですよ~^^

人参の葉には抗酸化作用の高いビタミンEが豊富に含まれているので
アンチエイジングや冷え症防止におススメです。


白菜

そして、こちらのお野菜。

関西にいた頃は頻繁に見かけ&食べていましたが、
東京ではあまり見かけません・・・(泣)。

これは「白菜(しろな)」と呼ばれるお野菜。
*「はくさい」ではありませんよ~。

その名の通り茎部分が白いのが特徴です。
後、茎が平べったい形状なのも特徴かな。

この茎部分が特に美味しくて大好き!

チンゲン菜や小松菜に比べると柔らかな食感で
ほんのーり甘みを感じます。

我が家ではうす揚げと一緒に煮浸しにするのが定番。

ビタミンCやカロテンを多く含みます。

小さな愛すべき我が国、ニッポン。

小さいながらも西と東で食材も食文化も違う。
(まさに秘密の●ンミンショー!)

東京で暮らすようになって、その違いの面白さを
毎年毎年、感じています。

違う環境にうつってみたからこそ気づくことって、
食に限らず、色々とありますよね^^


これから関西・京都を訪れる皆様、
是非この時期ならではの京野菜を堪能してみて下さい♪



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック