牛乳@黒川

西日本から順次、例年より早い梅雨入りが発表されていますね。
東京も今日は雨が降ったり止んだり。

気持ちはパッとしませんが、仕事がはかどる(?)
ということで、たまには雨の日も悪くない。

さて、今日は「カルシウム」のお話。

写真は先日の旅先@黒川温泉で買って飲んだ
ジャージー牛乳とジャージーヨーグルト。

コクのあるジャージー牛乳、久しぶりに飲みましたが
やっぱり美味しいですね^^

ちなみに乳脂率が高いジャージー牛乳の色が黄色い理由は
「カロテン」を多く含んでいるからなんですって。


牧場に遊びに行ったり、こうして旅先で見つけると、
たまらなく美味しそうに見えて必ずと言っていいほど飲む牛乳。

牛乳と言えば、チーズやヨーグルトと共に
カルシウムを多く含む食品の代表。

小学生の頃は、給食で毎日必ず飲んでいた牛乳ですが、
大人になるに従い「牛乳」を飲む機会が減っていませんか?

毎朝コーヒーは飲んでいるけど、
牛乳はたまぁに少し入れてカフェオレにするくらい・・・

牛乳よりジュースや炭酸飲料、水、紅茶、コーヒー、お酒・・・

そんな方がほとんどではないでしょうか。

カルシウムは強い骨や歯を形成するため成長期には不可欠。
ですが、大人になってももちろん必要なのです!


カルシウムは私たちの体のホルモン分泌や血液の凝固、
正常な神経伝達や心臓の拍動、筋肉の収縮など
実に様々な整理機能の調整に関与しています。


高齢期になって骨内のカルシウムが不足していると
男女関係なく骨粗鬆症のリスクが高まります。

発症してから補給しても遅いので、若いうちから
日々意識的にカルシウムを摂取することが大切!


牛乳はどうも苦手・・・という方は
カルシウムを多く含む下記の食材がおススメです。

【乳製品】ヨーグルト、プロセスチーズ
【魚介類】干しエビ、ちりめんじゃこ、シシャモ
【豆 類】木綿豆腐、糸引き納豆
【乾 物】ひじき、切り干し大根
【葉野菜】小松菜、水菜、大根の葉、モロヘイヤ



5年後、10年後、20年後・・・

未来のキレイ&健康な体を作るのは今日の食事。



ご自身&ご家族の好きな食材を活用して
美味しく楽しくカルシウム補給を続けましょう!









トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック