上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りしば漬け

美味しい夏野菜のひとつ、茄子。

九州地方の長~い長茄子、高知の大きな米茄子、
大阪の瑞々しい水茄子、京都の肉厚な賀茂茄子・・・

なすと言ってもその種類は様々。

料理や調理方法によって使い分けます。

ごくごく普通の茄子(小茄子)を使って、私は手作りしば漬けを。
先日ご紹介した「梅酢」が大活躍!

*「梅酢」=梅干しをつける前に1ヶ月ほど塩漬けにしていると出てくるしょっぱ旨い赤紫の液体。

手作りしば漬け02

こんな風に、くし切りした茄子を梅酢に浸し、
感などの重しを置いて1~2日間冷蔵庫で置きます。

(もちろん数時間だけでもさっぱり味で美味しい!)

しば漬けと言えば、帰省の際に時間があれば
京都のお気に入りのお漬物やさんでいつも購入。

・・・なのですが、折角「梅酢」があるんですもの。
この夏は手作りの味を楽しむことに^^

赤紫蘇のキレイな色と梅の香りがほんのり。

茄子のしば漬け

なすの皮部分、キレイな紺紫には抗酸化作用の高い
色素成分アントシアニンの一種、「ナスニン」が豊富。


紫外線ダメージが気になる夏にはピッタリですね。

夏は意外と「水太り」と呼ばれるむくみが気になりますが
茄子には、むくみを解消するカリウムも多く含まれています。


ほとんどが水分…と思われがちな茄子ですが、水分以外にも
夏にピッタリな栄養素がちゃんと含まれているのです。

この夏は酷暑が続きそう。

水分・塩分が不足しがち、かつ、
水分・塩分のバランスが崩れがち。

最近は「塩分が高い」というイメージだけで
お漬物を好んで食べない方も多いと聞きます。

旬の食材を手軽に美味しく頂ける
日本の伝統的な家庭料理、お漬物。

適度な塩分と水分を気軽に補給できるお漬物、
毎日食事に取り入れてみませんか?



夏野菜を美味しく楽しみながら、この夏も
体の中から“キレイ”を磨いていきましょう!


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。