上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんず01

あんず。

「杏」とも「杏子」とも書きますね。
その名前も色も形も、なんだか可愛い。

青梅が男の子だとしたら、
あんずは女の子・・・そんな気がするのは私だけ(笑)?

今日は旬のあんずで贅沢にあんず酒を。

あんずの旬はとても短く、6月下旬から7月中旬頃まで。
青森県や長野県のものが主流です。
(今日は長野県産のものをGET!)

ハリがありツヤツヤと美しい橙色のあんずを見つけたら即買い!ですよ。

あんず02

あんずにはβカロテンが豊富に含まれています。

βカロテンとは、赤・黄・橙色の食材や緑黄色野菜に多く含まれている
カロテノイドの一種で高抗酸化作用のある天然の色素成分。

細胞老化の基となる活性酸素の過剰な働きを抑えてくれるのが
「抗酸化力」なので、キレイを磨くには必要不可欠です。

あんず酒01

水に漬けてやさしく洗ったあんずは、
竹串などでヘタを取り、水分をやさしく拭き取ります。

そのあと5~6か所穴をあけておくとあんずエキスが出やすい。

そう、基本的に梅酒作りと一緒です^^

消毒済みのガラス容器(密閉性の高いもの)を用意し、
氷砂糖とあんずを交互にそっと入れていきます。

分量は氷砂糖(5):あんず(8)くらいで作りますが、
お好みの甘さで氷砂糖の量は調整を。

砂糖は少なすぎると長期保存に向かずNG!

あんず酒02

アルコール度数35度以上の好みの蒸留酒を注ぎ、
後は3~4ヶ月間、冷暗所で寝かせます。

今回、私はドライジンで漬けました。

あんずは3~4ヶ月したら取り除きます。
(梅酒と違うのはここですね~)

取り除いた後のあんずはジャムやゼリーにすると美味しい。

その後お酒をさらしなどで濾し、更に1ヶ月ほど寝かせます。
もちろんすぐ飲めますが、私はちょっと寝かせた方が美味しい気が・・・



あっという間に短い旬が終わってしまう、あんず。
見かけたら是非あんず酒、作ってみて下さい。


今から待ち遠しい食欲の秋には
ちょうど解禁、美味しく頂けますよ(笑)。









トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。