上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白ゴーヤyori

色白のゴーヤ・・・ゴーヤ?!

はい、これは「白ゴーヤ」と呼ばれる正真正銘のゴーヤ。

*「ゴーヤ」は「にがうり」「ツルレイシ」とも呼ばれます。

ゴーヤと言えば濃い緑色が定番なので、
真っ白なゴーヤを初めて見ると驚きますよね。

白ゴーヤは馴染み深い緑色のゴーヤに比べると
一般的に苦みが少なく、生でも食べやすいゴーヤです。

私はサラダや浅漬けにして頂きました^^

栄養素は色によってさほど大きな違いはありません。

ゴーヤには美肌の味方・ビタミンンCや
骨の形成を助けるビタミンKが特に豊富!
ビタミンKは血液の凝固作用にも関わっています。


「夏バテに良い」とされているのは、ゴーヤの苦み成分。

ククルビタシン類というフラボノイドの一種です。
(フラボノイドは植物に含まれる色素成分のこと)

この苦み成分が食欲を促進するとされ、
夏バテで食欲不振になった胃腸に刺激を与えるのです。

猛暑日とゲリラ豪雨で気温や湿度が
短期間でコロコロと変化するここ最近の気候・・・。

こんな時期はカラダの体温調整機能などを狂わせ、
体調不良を起こしやすいので要注意です。


食欲不振に陥りがちな方は
ゴーヤを食事に取り入れてみませんか?

白ゴーヤ

ところで。

白ゴーヤの背後にちらっと見えているコースター。

これは「紅型(びんがた)」と呼ばれる染めの手法。

「紅型(びんがた)」とは沖縄の伝統的な染物のことで、
その歴史は500年以上も前からと言われています。

「紅」は伝統的で色鮮やかな染色全般を指し、
「型」は様々な模様を指すようです。

カラフルな色を組み合わせた独特の染法は
まさに太陽が似合う沖縄のイメージにピッタリですよね^^

紅型の小物が食卓にあるだけで、
南国の風がふわっと吹いてくる気がします。


夏休み、沖縄を旅する予定のある方は是非
沖縄料理はもちろん、沖縄の伝統工芸も楽しんできて下さいね^^




トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。