上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白ゴーヤyori

色白のゴーヤ・・・ゴーヤ?!

はい、これは「白ゴーヤ」と呼ばれる正真正銘のゴーヤ。

*「ゴーヤ」は「にがうり」「ツルレイシ」とも呼ばれます。

ゴーヤと言えば濃い緑色が定番なので、
真っ白なゴーヤを初めて見ると驚きますよね。

白ゴーヤは馴染み深い緑色のゴーヤに比べると
一般的に苦みが少なく、生でも食べやすいゴーヤです。

私はサラダや浅漬けにして頂きました^^

栄養素は色によってさほど大きな違いはありません。

ゴーヤには美肌の味方・ビタミンンCや
骨の形成を助けるビタミンKが特に豊富!
ビタミンKは血液の凝固作用にも関わっています。


「夏バテに良い」とされているのは、ゴーヤの苦み成分。

ククルビタシン類というフラボノイドの一種です。
(フラボノイドは植物に含まれる色素成分のこと)

この苦み成分が食欲を促進するとされ、
夏バテで食欲不振になった胃腸に刺激を与えるのです。

猛暑日とゲリラ豪雨で気温や湿度が
短期間でコロコロと変化するここ最近の気候・・・。

こんな時期はカラダの体温調整機能などを狂わせ、
体調不良を起こしやすいので要注意です。


食欲不振に陥りがちな方は
ゴーヤを食事に取り入れてみませんか?

白ゴーヤ

ところで。

白ゴーヤの背後にちらっと見えているコースター。

これは「紅型(びんがた)」と呼ばれる染めの手法。

「紅型(びんがた)」とは沖縄の伝統的な染物のことで、
その歴史は500年以上も前からと言われています。

「紅」は伝統的で色鮮やかな染色全般を指し、
「型」は様々な模様を指すようです。

カラフルな色を組み合わせた独特の染法は
まさに太陽が似合う沖縄のイメージにピッタリですよね^^

紅型の小物が食卓にあるだけで、
南国の風がふわっと吹いてくる気がします。


夏休み、沖縄を旅する予定のある方は是非
沖縄料理はもちろん、沖縄の伝統工芸も楽しんできて下さいね^^




あんず01

あんず。

「杏」とも「杏子」とも書きますね。
その名前も色も形も、なんだか可愛い。

青梅が男の子だとしたら、
あんずは女の子・・・そんな気がするのは私だけ(笑)?

今日は旬のあんずで贅沢にあんず酒を。

あんずの旬はとても短く、6月下旬から7月中旬頃まで。
青森県や長野県のものが主流です。
(今日は長野県産のものをGET!)

ハリがありツヤツヤと美しい橙色のあんずを見つけたら即買い!ですよ。

あんず02

あんずにはβカロテンが豊富に含まれています。

βカロテンとは、赤・黄・橙色の食材や緑黄色野菜に多く含まれている
カロテノイドの一種で高抗酸化作用のある天然の色素成分。

細胞老化の基となる活性酸素の過剰な働きを抑えてくれるのが
「抗酸化力」なので、キレイを磨くには必要不可欠です。

あんず酒01

水に漬けてやさしく洗ったあんずは、
竹串などでヘタを取り、水分をやさしく拭き取ります。

そのあと5~6か所穴をあけておくとあんずエキスが出やすい。

そう、基本的に梅酒作りと一緒です^^

消毒済みのガラス容器(密閉性の高いもの)を用意し、
氷砂糖とあんずを交互にそっと入れていきます。

分量は氷砂糖(5):あんず(8)くらいで作りますが、
お好みの甘さで氷砂糖の量は調整を。

砂糖は少なすぎると長期保存に向かずNG!

あんず酒02

アルコール度数35度以上の好みの蒸留酒を注ぎ、
後は3~4ヶ月間、冷暗所で寝かせます。

今回、私はドライジンで漬けました。

あんずは3~4ヶ月したら取り除きます。
(梅酒と違うのはここですね~)

取り除いた後のあんずはジャムやゼリーにすると美味しい。

その後お酒をさらしなどで濾し、更に1ヶ月ほど寝かせます。
もちろんすぐ飲めますが、私はちょっと寝かせた方が美味しい気が・・・



あっという間に短い旬が終わってしまう、あんず。
見かけたら是非あんず酒、作ってみて下さい。


今から待ち遠しい食欲の秋には
ちょうど解禁、美味しく頂けますよ(笑)。









手作りしば漬け

美味しい夏野菜のひとつ、茄子。

九州地方の長~い長茄子、高知の大きな米茄子、
大阪の瑞々しい水茄子、京都の肉厚な賀茂茄子・・・

なすと言ってもその種類は様々。

料理や調理方法によって使い分けます。

ごくごく普通の茄子(小茄子)を使って、私は手作りしば漬けを。
先日ご紹介した「梅酢」が大活躍!

*「梅酢」=梅干しをつける前に1ヶ月ほど塩漬けにしていると出てくるしょっぱ旨い赤紫の液体。

手作りしば漬け02

こんな風に、くし切りした茄子を梅酢に浸し、
感などの重しを置いて1~2日間冷蔵庫で置きます。

(もちろん数時間だけでもさっぱり味で美味しい!)

しば漬けと言えば、帰省の際に時間があれば
京都のお気に入りのお漬物やさんでいつも購入。

・・・なのですが、折角「梅酢」があるんですもの。
この夏は手作りの味を楽しむことに^^

赤紫蘇のキレイな色と梅の香りがほんのり。

茄子のしば漬け

なすの皮部分、キレイな紺紫には抗酸化作用の高い
色素成分アントシアニンの一種、「ナスニン」が豊富。


紫外線ダメージが気になる夏にはピッタリですね。

夏は意外と「水太り」と呼ばれるむくみが気になりますが
茄子には、むくみを解消するカリウムも多く含まれています。


ほとんどが水分…と思われがちな茄子ですが、水分以外にも
夏にピッタリな栄養素がちゃんと含まれているのです。

この夏は酷暑が続きそう。

水分・塩分が不足しがち、かつ、
水分・塩分のバランスが崩れがち。

最近は「塩分が高い」というイメージだけで
お漬物を好んで食べない方も多いと聞きます。

旬の食材を手軽に美味しく頂ける
日本の伝統的な家庭料理、お漬物。

適度な塩分と水分を気軽に補給できるお漬物、
毎日食事に取り入れてみませんか?



夏野菜を美味しく楽しみながら、この夏も
体の中から“キレイ”を磨いていきましょう!


梅干し

梅雨明けと同時に、天日干しにしていた梅干し。

昨年は引越が控えていたのもあり、作りませんでした。
その分、今年は梅酒も梅干しもどーん!と作るコトに^^

塩漬けにしていた完熟梅を、
お外で干しザルに広げて3日間。

先日、梅酢にくぐらせホーロー容器で保管。
赤紫蘇の塩漬けで覆うように蓋をして6カ月ほど寝かせます。

少しづつ塩のカドが取れて、年明け頃には美味しくなっている予定。

梅は豊富なクエン酸で夏バテにもおススメ。
毎日1個は食べたいですね。


シソジュース

赤紫蘇は梅干し用に半分、紫蘇ジュース用に半分。

煮出して、お砂糖とお酢と併せて冷やします。
ソーダや冷やした水で割って、毎日クイっと飲むのが習慣。

紫蘇ジュースに目覚めたのは、小豆島の大好きなお宿
「ひしおでもてなす・島宿 真里」さんで夏の朝食時に
手作り紫蘇ジュースを頂いてから。
(もう、かれこれ6年前・・・?)

暑い日に飲んだ時の爽快さと美味しさに一瞬でトリコに。

冷暗所で清潔に保管すれば1年近く保存出来ます。

赤紫蘇は抗酸化作用が高いので、
日焼けが気になるお肌のメンテナンスにもおススメ食材です!

梅酢、シソジュース

完熟梅を天日干しする前に塩漬けしていていると
出てくるキレイなカシス色の液体、「梅酢」。


こちらは「調味料」として活用しています。
(捨てるなんてもったいない!)


何を作っているか、それはまた次回に・・・






スイカスムージー


7月もあっという間に1週間が過ぎ、今日は七夕。

関東地方も先日梅雨明けを迎えたようで(いつの間に?)
今日はうだるような熱気の東京でした…う~ん、バテそう*_*

前回、熱中症対策にもおススメの“スイカのゼリー”を紹介しました。

あのスイカがあまりにも大きすぎてゼリーにしても食べきれず(笑)、
一部をカットして種を取り除き、冷凍庫へ。

そのスイカを今回はスムージーに変身!

牛乳・ヨーグルトと合わせると、
やさしいピンク色のまるでイチゴミルクのような表情に。

これがまた美味しいんです。

暑い日に家に帰ってきてこれを飲むと、
火照っていたカラダを優しくクールダウンしてくれます。

思わずほほが緩む、やさしい甘さも飽きません。

スイカが余った時は是非お試しください^^


◆スイカのスムージー

<材 料>
・スイカ 片手にのるくらい
・牛乳  150ml
・プレーンヨーグルト 50ml

*スイカの甘みが弱い場合はハチミツ大1を加える

<作り方>
①スイカ(生でも冷凍でもOK)を3cm各位にカットし、種を取り除く。
②ミキサーに①のスイカと残りの材料を入れる
③優しいピンク色になるまでよく混ぜる


スイカの糖度とミネラル、乳製品のカルシウムで栄養満点!

これから暑さが厳しくなってきます。

旬を満喫しながら楽しく・美味しく水分分補給をしっかり行い、
熱中症に負けない元気な体を維持しましょう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。